「居眠り磐音 江戸双紙33 孤愁ノ春」[2010年05月13日]|ゆるり単発|ゆるり単発

2010年05月14日 23:30
「居眠り磐音 江戸双紙33 孤愁ノ春」

「居眠り磐音 江戸双紙33 孤愁ノ春」読了。
元々、磐音の飄々としたところや彼を取り巻く江戸市井の人情話が好きで読み始めたのですが、いつの間にやら道場の主になって政界と太いパイプを持ち、何やらキナ臭い事件ばかりが目に付くようになり養父と養母は憤死、道場は閉鎖。そして最新刊となったわけですが、ついに「居眠り」でも「江戸双紙」でもなんでもない巨悪と戦う剣戟モノになってしまいました(笑)。こういう話も嫌いではないんですが、如何せん初期の雰囲気が好きだったもので、この作品でこういう展開されちゃうとなーとガッカリ。でも読むのをやめるかというと、あと17冊とゴールは見えてるし田沼失脚までの年数も判ってるし、最後まで付き合うかとも思ってしまうわけです。たぶん次の巻では利次郎か辰平に再会するんだろうし新刊で買ってしまいそうな気はする・・・(笑)

twitter始めたわけですが、朝晩になるとauの回線が詰まるみたいで繋がりません。わざわざPC起動するのも面倒なので「就寝なう」「起床なう」ができないのが残念。

[2010年05月13日 23:07] 

2010年05月12日 23:09